2014年04月09日

嘘をついても良かったのかもしれない

少し前に子供の学資保険に入れなかったという記事を書きましたが、最近ふと思ったことがあります。
それは、正直に告知せずに入れば良かったんだということです。
ニッセイの学資保険特約っていうのは、契約者が死亡した時に保険料の払い込みが免除になるだけでした。
今回入ったのは全額一括払いだったんです。
なので、万が一自分が死亡したところで、保険料の払い込みは済んでいるので特約が適用されなくてもよかったんです。
昼休みの時間のない中で契約手続きをしたのがいけなかったのかもしれません。
よく考える時間がなかったので慌てました。
保険の契約はよく考えてからにしましょうという教訓でした。

で、リウマチは膠原病の中に入るのかという問題なんですが、先日TVを見ていた時に答えらしきものをみつけました。
リウマチは膠原病のなかまですが、膠原病に入れてしまうとそのほとんどがリウマチ患者になるので、リウマチとその他の膠原病は別と分類していますというTVに出ていた膠原病内科の医師の話でした。
それが保険契約の告知に合っているのかは保険会社に聞かないとわかりませんが、リウマチと書かれていなければ告知事項に当てはめなくてもよかったような気がします。
今更ですが、勉強になりました。
posted by 葉子 at 20:39 | Comment(0) | 01.リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。