2013年11月10日

学資保険に加入出来ませんでした

子供が産まれると気になるのが教育資金。
あまり真剣に考えてないけど数年前に友人の勧めで1つ学資保険に入りました。
その満期金額は100万円。
それ以外に毎月少しずつ積み立ててはいるけれどいまの預金金利なんて微々たるモノ。
ちょっとは増やしたいという欲が出てくるものです。

うちの会社には日本生命の人が定期的に出入りしているのですが、その方から今年4月から新しく出たという学資保険を勧められました。
実は発売された当初から今の学資保険の中では戻り率が一番良いという噂を聞いて気になっていました。
でも、子供が大学になる年齢になるまでは何があっても基本的に動かせないお金になってしまうので、銀行預金の方が融通がきいていいかなぁと取り立てて動いていませんでした。
そこへ勧められたので「じゃあ、入ってみようか」と契約することになりました。

この学資保険は契約者が満期までに死亡してしまったら以降の保険料が免除になるという特約がついています。
そう、問題はここです。
契約者である親の私の健康状態が問題となってしまうのです。
普通の生命保険とちがって健康状態に関する項目は少ないから質問内容を見てみたところ大丈夫だと思うと営業の方に言われました。
それでも以前自分の生命保険の転換で断られた履歴が残っているのでダメになることがあるかもしれませんとも言われました。(以前断られた経緯はこちら

健康状態に関する質問は3つでした。
うろ覚えですけど、
・過去5年以内に入院や手術をしたことがありますか。
・過去5年以内に医師から入院や手術を勧められたことはありますか。
・過去5年以内に以下の病気で2週間以上の通院や投薬をしたことがありますか。
というものでした。
問題は3つめですね。
以下の病気の一覧があって順番に見ていきました。
ガンとか心筋梗塞とか脳卒中とかいろいろ並んでて「あ〜関係ないなぁ」と思って見ていきました。
そうしたら最後のその他の病気の欄に「こうげん病」と書かれていました。
リウマチってこうげん病の中に入りますよね。
リウマチって書かれていないので「いいえ」と答えようかと思いました。
でも「こうげん病」は大きな分類で病気そのものの名前ではないからやっぱりあてはまるんだろうなあと思って「はい」にしました。
(これってリウマチがこうげん病の分類に入ると知らない人ならいいえって答えちゃうよなぁ。)
とりあえず契約を最後まで終わらせて、審査の結果は後日お知らせしますと言われました。
治療経過を聞かれなかったので、それで何の審査が出来るのだろうと思いました。

数日後、職場に営業の人が来て、職場の仲間で昼ごはんを食べているところで「すみません、やっぱり審査が通らなくてダメだったんです」と。
あの質問に一つでも「はい」が付くとそもそも加入できなかったとか。
営業の人は今回が初めての契約だったのでそこらへんが無知だったのは別にいいんです。
私の病気が原因で加入できなかったのも別にいいんです。
問題は個人の健康情報に関わる重要事項を私以外の人の前で伝えたということです
学資保険に何で加入出来なかったのかと、後で職場の仲間は不思議に思って聞かれてしまいました。
私の病気のことは職場のみんなに言っていないのでみんなは知りません。
保険料免除特約の件で健康状態の審査があるからと伝えると「そんなに審査厳しいの!?」とびっくりされました。
「あ〜、そんなに厳しくないから普通の人なら通ると思うよ」とだけ答えておきました。
(なんか私が普通の人じゃないみたいな答えだなぁ[E:think])
その日はちょっと落ち込んだ。

旦那の名前で申し込みしてくれたらと計算書いただきましたが、そのモヤモヤがあってなんとなく契約に踏み切れません。
一括払のつもりだったので他の投資方法を検討してみたり……。

以前入っている学資保険はアフラックで、契約者が死亡した場合の免除特約の有り無しが選べるので無しにすれば加入出来ますよ。
免除特約無しの方が保険料が安かったのでそっちにしてました。

学資保険すら加入出来ないとはなぁ。
ちょっと落ち込む一件でした[E:weep]



posted by 葉子 at 10:58 | Comment(0) | 01.リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。