2013年03月11日

健康保険料up!

うちの会社の健康保険組合から4月から健康保険料率が上がるとのお知らせがありました。
いつも給料天引きなのでいくら払っているか気にしてなかったのですが、今回の改定で私の保険料が3千円ほど上がることになっていてびっくりしました。
10年ぶりの改定だそうですが、一気にこんなに上がるもんなんですね。

高齢化、医療費の増大により保険料upのところは多々あるようで、昨日の新聞でも地元の国民健康保険料が2年連続upになると書かれていました。

自分が払っている以上にお世話になってはいますが、この金額は結構イタイもんですね。



posted by 葉子 at 19:22 | Comment(0) | 09.日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

耳ダンボ

ある日、職場で人間ドックを受けた話を後ろの席の人がしているのが聞こえてきました。
聞く気も無かったのですが、その中に「リウマチ」という言葉が聞こえてきたので、耳だけそちらに集中。

血液検査でリウマチの数値が高くてショックだったらしく、おばあさんがリウマチだったということらしい。
会話の相手は「前にテレビでリウマチのことをやってるのを見たけど、薬の種類がいっぱいあるらしく、自分に合うやつが見つかったら良くなるらしいよ〜」と話していました。

一般の人のリウマチに対する理解がどのくらいなのかすごく興味があって聞き耳を立てていたのですが、すぐに別の用事が入って話が中断になってしまいました。
残念。

もちろん職場の人たちは私がリウマチなのは知らない筈なので、話を振られることもなかったんですけどね。

「リウマチ」という単語が聞こえてくると耳ダンボになってしまいます[E:coldsweats01]

posted by 葉子 at 20:27 | Comment(0) | 01.リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

おたふく風邪発症

子供が熱を出した次の日、口が痛いと言い出しました。
中耳炎かな〜?おたふくかな〜?と悩みながら小児科を受診。
耳の下は腫れているといえば腫れているような。
リンパ腺も腫れているようでよくわからないので、血液検査でおたふくの抗体を調べました。
4日後くらいに検査結果が出てやっぱりおたふく風邪だということになりました。

子供がおたふく風邪にかかってから約2週間たった頃のことです。
うつらなかったかな〜と安心していたところ、耳の後ろにやや痛みが!
いや、気のせい気のせいと思い込もうとしたのですが、心なしか腫れている気もします。押さえてもかすかに痛いし。
これはまずいかもと思い、昼過ぎまで職場で当面の仕事を急いで片付けて、もしもの時のために引き継ぎをし病院に行きました。
少し腫れているようで、子供がかかっていて、過去にかかっていないならそうでしょうという診断でした。
その時は熱もなかったし、元気だったので念のためのロキソニンを処方してもらい帰宅しました。
久しぶりに仕事を休んでのんびり出来ると喜んでいたら、夜から少し熱が出てきました。
朝になり、実家に帰ろうと母に迎えにきてもらったものの、起き上がると吐き気がして車に乗れそうにありませんでした。
少しマシになった時に何とか実家まで車で行きました。
それから熱は上がる一方でひどい頭痛と吐き気で何も食べられません。
おたふく風邪のはずだけど耳の下の痛みはあまりなく、やや腫れている程度。
何とか楽になりたい一心で近所の空いている内科に行き点滴をしてもらいました。
点滴の中身は吐き気止め程度でしたが、全く楽になれず。
熱はどんどん上がり、40.5度に。
ロキソニンは一日2錠までと言われていたけど、熱の高さと頭痛に我慢できず、6時間あけて1日に4錠飲んでしまいました。
薬がなくなりそうだったので、翌日また内科に行くと案の定飲みすぎと注意されました。

3日くらい40度前後の高熱と頭痛と吐き気が続き、1週間くらい会社を休みました。
大人のおたふく風邪は大変だと聞くけど、これほど大変だったと……。(頬の腫れと痛みはほとんどなかったけど)
おたふくはそれほど感染力は強くないらしいですが、子供の食べ残しを食べていた自分は、そこから感染したんだろうなぁ。

後日、本当におたふく風邪だったのか不安だったので、いつものリウマチ科で抗体検査をしてもらったら、ちゃんと抗体値が上がってました。

子供からの感染にはこれから気をつけようと思います。

あ、かなり遅いですが、9月頃の話でした。

posted by 葉子 at 16:53 | 03.病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

リウマチ科受診

久しぶりにリウマチの受診でショックなことがありました。
5年ぶりぐらいに膝のレントゲンを撮ったら「関節の隙間が狭くなってる」と言われました。
「あんまり長時間歩かないようにした方が良い。飛んだり跳ねたりとかの運動も良くない」とも。
私のこの8年間の通院ってなんだったんだろうなぁ……。

事の起こりは2ヶ月ほど前。
雨がたくさん降っていたので自転車に乗れず、30分くらいの道のりを歩きました。
歩いてる時に右膝の関節がゴリゴリ音がしてて変な感じでした。
今までも膝の関節が鳴る感じがすることはあったので、あんまり気にしてませんでした。
そうしたら夕方から膝が痛くなってきて、関節が引っかかる感じがして曲げづらくなりました。
押したら痛みがあるし、正座はできそうにありませんでした。
腫れてる気もするし、次の日が土曜日だったため、どこか整形外科に行こうとネットで探して寝ました。
でも翌朝起きると痛みはマシになっていたので行かず、まあ音はするけど歩けるしと思って1ヵ月後、定期のリウマチ科を受診しました。
一応膝が痛くなったくだりの説明をして、触ってもらうと腫れもあるようだから一度レントゲンとって整形の先生に診て貰っとくことになりました。
整形の先生はこの病院では月に1〜2回しか診察がないので、1ヵ月後の定期診察に合わせて予約を入れてもらいました。

で、先日やっと診てもらいました。
リウマチのせいで軟骨が減ってて骨がこすれて(?)音が鳴ってたみたいです。
この先今より酷くなるんですか?と聞くと。
「それは分からない」と。
「リウマチの症状にもよるし、関節をちゃんと保護しないと悪くなるかもしれない」と言われました。

結構ブルーになって、リウマチの主治医の診察にいったら、相変わらず能天気な感じでちょっとむかついた。(いや、まあ、深刻な感じで話されても落ち込むけど……)
今後は定期的にレントゲン撮っていって、それで薬を増やしたりするか考えるそうです。
今は血液検査の結果も落ち着いてるから、リウマトレックス2錠のままで。
(それでいいんですか〜!!今まで落ち着いてるからって薬少なすぎたんじゃないのか〜!!と後で思った)
まあ、今更2錠から増やしたとこで関節は元に戻んないしさ。(ちょっと投げやり)

思い返せば整形外科から内科に変わって以降、関節のレントゲンって手を1回撮っただけだった。
肺のレントゲンは結構頻繁に撮ってる。(熱が出てとか、年1回の定期的にとか)
痛みが酷くないからってレントゲン撮らなくて良かったのかとか、整形外科から内科に変わらない方が良かったのかとか色々考えてしまいます。
初期のあの全身が痛かった頃に比べれば、違和感あっても少々痛みがあっても普通に動けてるので、甘く見すぎてたかも、自分。
もっとちゃんと自己主張してたら他にやりようがあったのかなぁ。
まだ関節の隙間が狭くなってると言われただけなので、これからちゃんと保護しておけば悪くならないかな。
明日膝サポーター探してこようっと。

posted by 葉子 at 22:30 | Comment(2) | 01.リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

お薬手帳

今まで私が通っているリウマチ科は院内処方でした。
それが最近院外処方に変更になりました。
この度、処方箋を持って近所の薬局に行くとシールだけくれました。
お薬手帳は調剤薬局では記入(というかシールを貼る)してくれるけど、院内では薬の説明の紙を貰うだけです。
なのでお薬手帳は昔々に貰って持っていたけど記入せずしまいこんでいました。
数年間のブランクのあったお薬手帳の続きに貼る気にならず、お薬手帳と同じA6サイズのノートを買ってきて貼ることにしました。
P1050145セリアでビニールカバー付のノートがあったので買い、表紙にお薬手帳のタイトルと名前を記入しました。
表紙裏には名前とか生年月日とか連絡先を書いて貼ってます。
はい、これでお手製お薬手帳の出来上がりです。
薬局でくれるお薬手帳にはかかりつけ病院とかアレルギーとか既往症とか書く欄があるので、それもついでに書いておくといいかも。(と思いながらめんどくさくてそこまでしてません)

最近子供の薬を貰いに薬局に行った時に、今まで何も言われなかったのに「お薬手帳を持ってますか?」と聞かれるようになりました。
今年の4月からどうも診療報酬(というのかな?)が変わったようで、お薬手帳の記入込みの料金になったみたいです。
(以前はお薬手帳の記入を断ればちょっと安くなる〜みたいにTV等でやってましたよね)

飲んでる薬が分かるようにするためなのは良いとと思うんですが、院内だとお薬手帳の記入なんかしてくれないので、それは片手落ちだよなぁと思います。
(自分でお薬手帳の続きに書いていたけど、毎回同じなので面倒くさくて書くの止めちゃってた)

さて、話は変わりますが、出かけるときは必ず保険証と診察券類と母子手帳を持ち歩いていたわけですが、それにお薬手帳が加わり鞄の中は大変なことになりました。
重い[E:coldsweats02]
ちっちゃいポーチに自分のと子供の分を入れてたけど毎回どこに入ってるのか探す時間がかかるので、ポケット式のポーチを買いました。
P1050146 P1050147
子供の分と自分の分でポケットを分けました。
全部入れたらパンパンになってしまいました。

posted by 葉子 at 18:22 | Comment(2) | 04.薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。